関係会社におけるCSRの取り組み

東レエンジニアリンググループでは、東レエンジニアリング(株)と関係会社各社が連携しながら、グループ全体でCSR・法令遵守を推進しています。関係会社各社では、東レエンジニアリング(株)が企画・主催した教育・eラーニング・発信情報による従業員へのCSR教育を基本に、CSR・法令遵守を中心とした各社独自の取り組みを展開しています。

国内主要関係会社の取り組み

東レエンジニアリング西日本株式会社

東レエンジニアリング西日本株式会社

事業内容
  • 機械・電気・計測・プラント・各種工事の設計・施工・監理、設備・機器のメンテナンス
  • 機器・制御盤の設計・製作および据付

従業員へのCSR教育については、東レエンジニアリング(株)が企画・主催した企業倫理・法令遵守に関するeラーニング・情報発信に加え、東レエンジニアリング西日本(株)独自に外部講師を招いてのCSRセミナーや人権啓発セミナーなどを開催しています。また、情報発信にも力を入れており、2014年度からはニュースレター(月刊)を、2015年度からはCSRレポートを発行・継続しています。さらに、認定NPO法人「びわ湖トラスト」への賛助寄付など、地域に密接した活動を展開しています。
2018年度は新たな取り組みとして、職場風土の見つめ直しのために社長とリーダー層との座談会を各事業部単位で開催したほか、前年度に引き続き、滋賀経済産業協会主催の「女性力活性化研究会」に参加するなど「女性活躍推進」を継続して進めました。また、コンプライアンス活動として、役員を含む全従業員を対象とする意識サーベイを実施して業務上のリスクと課題の洗い出しを行い、東レエンジニアリング西日本(株)の特質を踏まえたコンプライアンス宣言と従業員のCSR意識向上のための各種施策を策定・実行推進しています。
今後も、安全教育の一層の強化、管理職のマネジメント力の向上、法令遵守・SDGsを意識した活動を展開していきます。

東レエンジニアリング中部株式会社

東レエンジニアリング中部株式会社

事業内容
  • 機械・電気・計測・プラント・各種工事の設計・施工・監理、設備・機器のメンテナンス
  • 各種産業機械・生産合理化設備の設計・製作および据付
  • 各種設備の診断、材料のコンサルタント業務

従業員のCSR教育については、東レエンジニアリング(株)が企画・主催した教育・eラーニング・情報発信に加え、東レエンジニアリング中部(株)独自のCSR教育に力を入れて実施しているほか、重要法令に関する情報発信・教育を独自に進めています。
2017年度から発行している「CSR・企業倫理・法務遵守 隔月報」(隔月)は、現在、第11号まで発行し、従業員・関係会社・協力会社への継続した情報発信を行っています。また、従業員とのコミュニケーション強化のひとつとして、社長による部署別懇談会を今年も計画し実施してまいります。
また、労働時間管理、社有車管理、検収支払管理、ルール周知の徹底、製品安全と品質を5本柱にCSR強化プロジェクトを立ち上げ、7回のミーティングを重ねCSRに対する従業員全員の意識の向上を図るべく展開をし、強化を図りました。長期的なテーマについては継続して進めていきます。今後は「Mission BEAR」に移行し、現在、対応計画に沿って協議を進めています。

東レエンジニアリング東日本株式会社

東レエンジニアリング東日本株式会社

事業内容
  • 機械・電気・計測・プラント・各種工事の設計・施工・監理
  • 設備・機器のメンテナンス

従業員のCSR教育については、東レエンジニアリング(株)が企画・主催する企業倫理・法令遵守に関するeラーニング・情報発信に加え、東レエンジニアリング東日本(株)の独自のCSR教育において、重要法令に関する情報発信・教育に力を入れています。また、地域の清掃活動にボランティアとして参加するほか、沼津労働基準協会会員として活動しています。
2018年度は、東レエンジニアリング(株)による、輸出管理・業務・与信管理に係る監査を受診したほか、東レグループの「Mission BEAR」の取り組みに参画し、コンプライアンス意識サーベイを実施、コンプライアンス宣言、対応計画を策定し活動を開始しました。また人権にかかわる動画コンテンツ「職場におけるパワーハラスメントの防止」などを各部署で視聴し、各人が何をすべきか、グループ毎に話し込みを行ない感想文を提出(宣言)しました。さらに、コミュニケーション強化の一環として、社長による従業員全員(140名)を対象に個人面談を実施しました。
今後も、安全・衛生・防災・環境保全を最優先としつつ、法令遵守はもちろんパワハラ・セクハラ等の問題への対応、コミュニケーションの強化、および人財育成(特に管理職教育)を進めていきます。

東レエンジニアリング電子機器サービス株式会社

東レエンジニアリング電子機器サービス株式会社

事業内容
  • 印刷機器の設計・製造販売、保守サービス、部品・消耗品の製作・販売
  • 計測機器の保守サービス、部品・消耗品の製作・販売

従業員へのCSR教育については、東レエンジニアリング(株)が企画・主催した企業倫理・法令遵守に関するeラーニング・情報発信を実施しています。
2017年度から開始した、管理部門通信の発行、東京都中央区まちかどクリーンディへの参加企業としての活動を継続しているほか、2018年度からは、「CSR・企業倫理・法令遵守 報告書」を四半期毎に発行し、従業員および東レエンジニアリンググループ関係会社への情報発信を行っています。また、社内コミュニケーション促進を目的にセミナー等の社内レクリエーションを随時開催しています。
今後も、労働時間管理や、保守業務で発生する廃棄物の適正処理、産業廃棄物削減のための部品の再生を促進します。

レイテック株式会社

レイテック株式会社

事業内容
  • 医療用、半導体用の特殊微細パターンFPCの製作
  • 微細フォトファブリケーション技術関連の新製品試作・開発受託

従業員のCSR教育については、東レエンジニアリング(株)が企画・主催した 企業倫理・法令遵守に関するeラーニング・情報発信に加え、毎月社長からのCSR・安全メッセージを全従業員に向けて配信しています。また、従業員とのコミュニケーション強化のひとつとして、毎年、全従業員を対象に社長による個別面談を実施しています。
2018年度は東レエンジニアリング(株)法務室による与信管理に関わる監査があり、管理状況の指導を受け、現在の実務に活用しています。
今後も安全を第一に考えて、また全ての分野で法令違反にならないような意識改革とその向上を進めていきます。女性活躍・障がい者雇用・働き方改革等の問題は現在法令により対象外ですが、労働時間管理の強化に努め、働き方改革の礎を築きたいと考えます。

株式会社NGR

株式会社NGR

事業内容
  • 半導体検査装置の開発、製造、販売、サービス

従業員へのCSR教育については、東レエンジニアリング(株)が企画・主催した企業倫理・法令遵守に関するeラーニングを実施、および重要法令に関する独自の教育を実施しています。今後は、従業員向けに独自のCSR教育および重要法令に関する情報発信を立ち上げます。
今後は、働き方改革に力を入れてCSR活動を進めていきます。

海外関係会社の取り組み

台湾支店

台湾支店

事業内容
  • FPD製造装置の販売、据付、保守、メンテナンス、アフターサービス
  • 半導体製造装置の販売、据付、保守、メンテナンス、アフターサービス
  • 自動車、半導体、電池、医療、医薬、材料、素材などの分析・評価

従業員へのCSR教育、重要法令に関する教育については、台湾支店独自に実施しており、重要法令に関する情報発信は東レエンジニアリング(株)が企画・主催したものを実施しています。
2018年度は2017年度同様CSR年間基本計画を作成、それに従い活動を展開しました。台湾では労働基本法の再改訂があり社内PRを行いました。情報セキュリティは社員教育を実施するととともに、販売した装置情報の保管用に新たに新竹、台中、台南の3事務所に暗号付HDDを設置しました。

韓国TEK株式会社

韓国TEK株式会社

事業内容
  • プラントおよびエレクトロニクス機器の機材輸出入、アフターサービスおよびメンテナンス

従業員へのCSR教育については、東レエンジニアリング(株)が企画・主催した企業倫理・法令遵守に関するeラーニングを実施しているほか、重要法令に関して独自の情報発信並びに教育を実施しています。
引き続き法令遵守と安全管理を基本としたCSR活動を推進しつつ、2018年からは社会貢献活動も開始し、社外に向けた対外PRも行っていきます。

上海華麗工程技術有限公司

上海華麗工程技術有限公司

事業内容
  • エンジニアリングコンサルタント
  • 精密機器保守
  • 精密機器・プラント部品の輸出入販売

上海華麗工程技術有限公司社は、東レグループおよび東レエンジニアリンググループの一員として日本本社の支援・指導のもとでCSR活動を推進しています。倫理規定や文書管理、情報セキュリティ規程など必要な規程を整備することはもちろん、社内には法務室を設けるとともにCSR法令遵守委員会を年2回開催し、会社ルール・法令の周知徹底、不祥事事例や日本本社での動きを伝達し従業員のCSR法令遵守意識の高揚を図っています。
2018年度は、他の東レエンジニアリング関係会社と足並みを揃え「優先リスク対応」として、技術ノウハウ管理についてのeラーニング、CSR調達に関する教育などを実施しました。またCSR法令遵守委員会では、東レエンジニアリング(株)でのCSR法令遵守に関する会議資料や教育資料の周知、弊社の会社ルールの再周知と徹底、不祥事事例の共有などを行いました。さらには2018年4月より稼働した基幹情報システムの導入を通じて業務フローを明確化・視覚化するとともに、データ入力に至るまでの承認ルールも明確にしました。2019年度では情報システムを機能アップさせ、電子承認の導入や利益操作をできない仕組みの導入など基盤を整備することで、不祥事の防止に力を入れていきます。さらには不祥事防止のベース・基本となるコミュニケーションの充実や職場の活性化を進めます。
年々事業拡大が続いていることから、それに伴い入社経験の短い若い従業員が増加、かつ技術者を中心に各拠点・現場に長期滞在している従業員が多いことから、eラーニングといったツールをうまく活用し、また現場ラウンドによるコミュニケーションを充実させるこでCSR意識の底上げと従業員のCSR法令遵守意識の高揚を図ります。