膜分離・濃縮技術Membrane separation or concentration technology

濃縮装置

分離回収装置

分離、濃縮精製手段としての膜処理は、さまざまな分野に応用されています。
東レエンジニアリングの膜処理技術は、特に化学品製造プロセスにおける分離、濃縮工程に特化して実績を重ねています。
製品品質の向上はもちろんのこと、タクトタイムの低減、設備稼働率の向上、製品物流コストの低減、廃棄物低減など、さまざまなコストメリットをもたらします。
分離膜をMF(精密ろ過)からRO(逆浸透)までフルラインナップで取り揃えている親会社の東レ製膜を有効活用し、お客さまニーズに沿った膜処理設備を提供します。

お問い合わせ先