±1℃精密温調Precise temperature control within one degree

改善効果

反応装置内部の精密な温度調節を行うことは、たとえば発熱を伴う反応のコントロール・安全性の向上、収率の向上、製品品質の向上等、様々なメリットがあります。

東レエンジニアリングには±1℃レベルの精密温調を行える設備納入に数多くの実績があり、お客様のご要望に沿った精密温調システムを、制御を含むトータルでご提案することが可能です。

① 急速加熱・冷却が可能 タクトタイムの低減
② ±1℃にて制御可能 安全性、製品品質の向上
(反応熱等が発生しても制御が可能)
③ 1台の装置にて複数の反応装置の温調が可能

<改善効果>

改善効果

お問い合わせ先