全有機炭素/全窒素自動測定装置(TOC/TN計)Total organic carbon/Total Nitrogen Automatic Analyzer

TNC-6200

TNC-6200

東レ全有機体炭素/全窒素自動測定装置は、河川・湖沼・海域・工場排水等に含まれている全有機体炭素及び全窒素量を同時にオンラインあるいはオフラインで迅速かつ正確に自動測定する装置です。
本装置は当社のオンライン用の全有機体炭素自動測定装置及び全窒素自動測定装置の実績をもとに、希釈機能、流路切替機能を内蔵し、TOC計とTN計を一体化することで省スペース化した装置です。

<特長>

・全有機体炭素(TOC)と全窒素(TN)を同時に測定可能
・低温密封燃焼と自動洗浄機能により海水試料も長期間にわたって安定した測定が可能
・希釈機能内蔵(オプション)2~20倍
・流路切替機能(オプション)により最大3流路まで測定可能
・各種前処理装置をオプションで準備、あらゆる試料水に対応
・オフライン測定機能を標準装備

<用途>

・河川・湖沼・海域・工場排水の水質測定
・排水処理設備の運転管理あるいは実験、評価
・水質総量規制用自動計測器

<測定原理>

・試料水は曝気筒で、無機体炭素を除去し、注入部で計量したのち密封状態に保った燃焼部に 測定試料を一定量注入して、測定試料中の有機体炭素と窒素を完全に酸化させます。そのあと生成されたガスはCO2分析計および赤外線NO分析計に導入され、炭酸ガスと一酸化窒素の濃度に対応した電気信号が得られたあとリニアな信号に交換され、全有機体炭素濃度値と全窒素濃度値が求められます。

<TNC-6200仕様>

測定レンジ TOC:0~20/50, 0~100/1000mgC/l
TN:0~2/20, 0~20/200mgN/l
希釈機能 1~20倍
流路切替機能 1~3流路*1
測定周期 8分~
測定方法 無機炭素除去:自動間欠式塩酸酸性空気曝気法
全炭素量測定:自動間欠式密封燃焼赤外線分析法
全窒素量測定:自動間欠式密封燃焼赤外線分析法
校正方法 スパン校正:手動及び自動校正(オプション)
ゼロ校正 :手動(オートゼロ機能有り)
換算機能 TOC値->COD値に換算表示
洗浄 注入管、燃焼部自動洗浄 試料・洗浄液交互注入(洗浄液内蔵)
レンジ設定 手動切替え、オートレンジ
形状 自立キュービクルパネル、キャスター付き
寸法 720W × 500D × 1570Hmm
質量 約130kg
標準液 TOC:フタル酸水素カリウム水溶液
TN :硫酸アンモニウム水溶液
繰返性 TOC:±2%フルスケール以内
TN :±3%フルスケール以内
ゼロ安定性 TOC:±2%フルスケール/日以内
TN :±3%フルスケール/日以内
スパン安定性 TOC:±2%フルスケール/日以内
TN :±3%フルスケール/日以内
周囲温度変化 TOC:±2%フルスケール/5℃以内
TN :±3%フルスケール/5℃以内
計測値出力 外部出力:DC4~20mA
RS232C(オプション)
レンジ識別信号無電圧接点:AC125V、1A
異常警報内容 LED表示、異常時閉接点出力(AC125V、1A)
警報項目 ヒーター温度コントロール
測定値上下限キャリアガス切れ(オプション)
試料無し(オプション)
試薬切れ(オプション)
希釈水切れ(オプション)
洗浄水切れ(オプション)
試料条件 オンライン測定:0.02~0.1MPa 500ml/min以上
オフライン測定:常圧 200~500ml/3回
試薬・用役 試薬: 塩酸 2mol/月
キャリアガス: 精製空気 0.3MPa 7Nm3/月
バランスガス: 計装圧空 0.3MPa 49Nm3/月
電源 AC100V±10V 50/60Hz 約650VA
設置条件 屋内
動作時3~40℃(温度勾配10℃/時以下)
45%~85%RH(ただし結露しないこと)

仕様は改良のため変更する事があります。
*1 流路切替機能はオプションです。仕様決定時までに必要な流路をご指定下さい。

お問い合わせ先

技術分野
技術 >> 計測・分析 > 水質分析計