全りん/全窒素自動測定装置(TP/TN計)新製品Total nitrogen/phosphorous automatic analyzer

TPN-100

TPN-100

東レ全りん/全窒素自動測定装置は河川・湖沼・海域・工場排水等に含まれている全りん・全窒素をオンラインで迅速かつ正確に自動測定する装置です。公定法に準拠した測定方式(オートクレーブ法)を採用しているため、手分析値と同等の値が得られ、信頼性ある測定が可能です。
利便性、経済性を追求し、簡単な操作、保守性、信頼性を兼ね備えた画期的な装置です。

<特徴>

・公定法に準拠した測定方式
公定法準拠の測定方式(オートクレーブ法)を採用し、手分析との高い相関性があ ります。紫外線分解法と比較し、非常に信頼ある測定値が得られます。
・試薬量を大幅に低減(当社従来機比1/2)
使用試薬量を当社従来比の1/2に抑え、また長期安定部品の採用により
メンテナンスコストの低減を実現しました。
・SSに強い負圧吸引方式を採用
負圧吸引方式により試料配管の汚れを防ぎます。
詰まりにくく長期安定した測定を実現します
・省設置ススペース
本体後面と左側面はメンテナンススペースが不要です。
設置の際に場所をとらず、スペースの有効利用が可能です
・その他
負荷量演算機能・プリンタ内蔵、USBメモリ機能搭載
UV計、TOC計との併設可能(3成分測定の負荷量演算含む)

<TPN-100測定フロー>

<TPN-100仕様>

測定方法 TP:モリブデン青吸光光度法
TN:紫外線吸光光度法
測定レンジ TP:0~0.10mgP/Lから0~1.0mgP/Lの範囲で1レンジ
TN:0~2.0mgN/Lから0~5.0mgN/Lの範囲で1レンジ
※ただし、2≦TN / TP≦50以内
希釈倍率 2~25倍で固定(装置内部希釈)
測定モード オンライン/オフライン
計測時間 60分(繰返測定、毎正時測定、定間隔正時測定(1~24時間)
表示 デジタル表示
記録方式 プリンタ(測定毎印字、前日日報印字、前月月報印字)
スパン校正 手動校正、自動校正
ゼロ校正 手動校正、自動校正
負荷量演算機能 オプションにて追加可能
寸法 700W×600D×1500Hmm
質量 150kg
塗装色 マンセル 5Y 7/1 半艶
再現性 ±3%FS 21~25倍希釈使用時:±4%FS
直線性 ±3%FS 21~25倍希釈使用時:±4%FS
ゼロ安定性 ±3%FS/日 21~25倍希釈使用時:±4%FS
スパン安定性 ±3%FS/日 21~25倍希釈使用時:±4%FS
計測値出力 外部出力:DC4~20mA 出力項目:TPおよびTN測定値
異常信号出力 装置異常
TP濃度上下限異常
TN濃度上下限異常
試料条件 淡水試料
試料量 オンライン:0.4L~0.6L/min(分析計入口において)
オフライン:50mL/回
圧力  オンライン:0.02~0.05MPa
オフライン:常圧(自動吸引)
温度  3~40℃(凍結なきこと)
pH   5.8~8.6
設置条件 屋内、周囲温度:5~40℃、周囲湿度85%RH以下
試薬 ペルオキソニ硫酸カリウム
水酸化ナトリウム
モリブデン酸アンモニウム
濃硫酸
酒石酸アンチモン
アスコルビン酸
試薬調整用純水
電源 AC100V±10V、50/60Hz、消費電力:600VA

仕様は改良のため変更する事があります。
全りん:全リン、全燐、TPと表現されることもあります。
全窒素:全チッソ、TNと表現されることもあります。

お問い合わせ先

技術分野
技術 >> 計測・分析 > 水質分析計
業界
業界 >> 家電・電子機器 > 家電・電子機器用途センサー