社会製品の安全と品質

製品安全と品質保証の管理体制を強化し、適切な情報提供に努め、安全で信頼性の高い製品を供給します。

東レグループ第6次CSRロードマップ目標

  1. 製品事故ゼロ件を達成します
  2. 東レグループ全体で製品安全と品質保証の管理体制を強化します

2017年度の成果

成果KPI

① 製品事故件数(件)

2017年度目標 0件

実績 0件

② 製品安全・品質保証教育の実施状況(%)

2017年度目標 100%

実績 100%

CSRの根幹を支える安全で信頼性の高い
製品・サービスの提供体制をより強化していくために

理事 製品安全・品質保証統括室長 兵藤 佳照 理事 製品安全・品質保証統括室長
兵藤 佳照

わたしたちが提供するのは、お客様が使用する工場や生産設備、およびそれらに付帯するサービスです。だからこそ、お客様が自社の製品を世の中に安定提供できるよう、その安全性や品質に細心の注意を払わなければなりません。東レエンジニアリング(株)は、従来から製品安全・品質保証体制の整備に取り組んできましたが、2016年6月には社長直轄組織となる「製品安全・品質保証統括室」を発足させ、2017年度は東レエンジニアリンググループ全体で製品安全・品質保証体制の更なる強化に取組んでいます。今後も関係部署と連携をとりながら、お取引先にも理解を求め、ともにより信頼のおける体制づくりに努めていきます。

マネジメント

東レエンジニアリンググループでは、「お客様第一・品質最優先」の品質方針のもと、グループ全体で製品安全と品質保証の体制の整備に取り組んできました。東レエンジニアリング(株)では「製品安全・品質保証委員会」で基本的な方針を策定し2016年度に立上げた製品安全・品質保証統括室が施策を企画・立案し、主催する「専門委員会」で提案・討議を行います。これを踏まえて製品安全・品質保証委員会に報告、審議承認を受けます。この内容は各本部、部門別にそれぞれの委員会にてさらにブレークダウンされます。各本部・部門ではおのおのの実行課題を毎年設定し、製品安全の徹底と品質の向上を図っています。
国内外関係会社においても「製品安全管理責任者」を選任しており、2017年度から東レエンジニアリンググループとして製品安全・品質保証体制のさらなる強化に取り組んで います。

東レエンジニアリング品質方針

東レエンジニアリングは安全・環境とともに、お客様に提供する製品の品質を最優先し、「お客様第一」の姿勢で品質向上に取り組みます。

  • お客様が望む製品・サービスをタイムリーに提供します。
  • 営業、技術、開発、調達など全部門は一貫して品質第一の思想に徹し、製品の品質と信頼性の向上に努めます。
  • 品質マネジメントシステムを継続的に改善し、お客様に信頼される体質づくりに努めます。

2015年6月制定

製品安全・品質保証活動推進体制

製品安全・品質保証活動推進体制製品安全・品質保証活動推進体制

品質保証体制の強化

東レエンジニアリング(株)ではIS09001の品質マネジメントシステムを活用し、品質保証体制の維持・改善を図っています。「ゼロトラブル・ゼロクレーム」を目標に案件ごとの受注前見積からお客様引渡しまでの各工程にゲート機能を設け、リスク抽出とフォローに注力し、不具合の流出防止に努めています。

品質保証フレームワークについて

品質保証フレームワークについて品質保証フレームワークについて

製品事故ゼロへの取り組み

製品安全性審査体制の強化

東レエンジニアリング(株)では、製品安全管理規程に基づき、下記フローに従って「製品安全性審査会」を開催することで、製品の安全性を確保しています。

製品安全性審査の流れ

製品安全性審査の流れ

全社製品安全教育の取り組み

製品を設計・製造する際には、新しい機構の採用や機構同士の新たな組み合わせが伴うため、製品の安全性についてもさまざまなリスクが生じます。このリスクを低減するために、最新の法令や規格に沿ったリスクアセスメントの実施と安全設計の原則に基づく本質的に安全な設計に取り組む必要があります。

東レエンジ二アリング(株)では、2016年から3年計画で全技術者と営業担当者を対象にeラーニングを推進しており、案件見積時から製品安全の基本を踏まえた適切な提案と製品・サービスの提供ができる社員の育成に取り組んでいきます。

VOICEコンサルタントからのメッセージ

東レエンジニアリング様では2017年1月から両本部品証室、製品安全・品質保証統括室が音頭を取り、各部門と連携して開発段階の品質作り込み/ フロントローディング活動を開始しています。過去トラブル情報活用、設計段階から評価項目検討/V字開発も開始し、出荷段階の品質が劇的に向上したプロジェクトも出てきました。技術部門の価値は顧客に対する新たな製品や機能提供です。 今後も価値業務工数捻出に向けて本活動を継続していただきたいと思います。

みらい株式会社
COO
統括本部ディレクター
野元 伸一郎